車いすから描く未来の教育 「仮面女子」猪狩ともかさん

パラリンピック東京大会の応援大使を務める、アイドルグループ「仮面女子」の猪狩(いがり)ともかさん。2018年に起きた不慮の事故以降も、車いすで活動を続けている。20年を迎えた今、パラリンピック東京大会の本番に向けて、子供たちに伝えたいメッセージや、自身が思い描く「多様性を認め合える社会」の在り方などについて聞いた。
障害を言い訳にしない
「脚が動かなくなっても、車いすに乗りながらやりたいことはたくさんあります」――。2018年4月、不慮の事故により車いす生活を余儀なくされた猪狩さんは、事故からわずか1カ月後、ブログを更新し、「車いすのアイドル」として活動を継続すると宣言した。

その年の8月にはステージに復帰。現在は仮面女子の一員としてステージに立ちながら、パラリンピック東京大会の応援大使を務めるなど、アイドルの枠を超えて活躍する。

いよいよ今夏に迫ったパラリンピック東京大会に向け、猪狩さんは「選手の皆さんの活躍ももちろん楽しみですが、パラリンピックを通じて皆さんがバリアフリーについて考え、障害のある人に対する意識が変わるきっかけになればいいなと思います」と期待を込める。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。