【後藤良秀】何のためのどんな能力か

「自分で分かる」「自分自身のことが分かる」という「メタ認知能力」は、文科省が掲げる新学習指導要領の「主体的・対話的で深い学び」や、アクティブ・ラーニングを実現する上で、必須能力の一つと言われる。その研究に文科省の研究開発指定校の校長として4年間にわたって取り組んだ現ベネッセ教育総合研究所顧問・後藤良秀氏に、「メタ認知」とは具体的にどのような能力で、何のために育成する必要があるのかを聞いた。(全3回)
この特集の一覧
 ・メタ認知能力の育成法

「メタ認知能力」とは何か
――近ごろ注目されている「メタ認知能力」というキーワードですが、端的に言うとどんな能力なのでしょうか。
一言で言うと、「自分で分かる力」です。もう少し分かりやすく言うと、自分が持っている知識がどこまでなのか、自分が理解できたこと、また、分かっていないことなどを自分自身で気付く力です。自分の行動を自分の体から分離した状態で見ているようなイメージで、自分を客観視する力とも言われます。

今までの教育現場では、子供たちがどこまで分かっているかを、個々に把握していたのは主に教員でした。しかし、教員によって用意された学びから、子供たちの主体的な学びに変えていくためには、子供が自分で自身の到達度を把握する能力が必要となります。つまり、自分自身の現在位置を把握する能力ですね。

また、主体的な学びを実現するには、学び自体の目的を教員や親が与えるのではなく、子供自身が決めなければなりません。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。