【恩師に贈る言葉】 信じてくれてありがとう 「教師の日」広報大使、増田有華さん

私を信じてくれてありがとう――。10月5日のユネスコの「世界教師の日」にちなみ、子供たちが教師に日頃の感謝の思いを伝える催しが広まっている。昨年、「教師の日」広報大使に就任した元AKB48メンバーでタレントの増田有華さんは、教師への感謝を直接伝えることが大切さだと話す。増田さんにとって、教師はどういう存在だったのか。闘病生活を続ける恩師とのエピソードや学校教育への思いを語ってもらった。


特別なプレゼントより言葉のプレゼント
――「教師の日」広報大使を引き受けたきっかけは何ですか。
私の両親は2人共、体育の教員でした。父は今も、特別支援学校で教えています。叔父や叔母も教師をしていて、叔父は校長です。祖父もかつて教育の仕事に携わっていて、いわゆる教師の家系に育ちました。「教師の日」広報大使を引き受けたきっかけは、私にとって学校の先生が身近な存在だったからというのが大きいですね。
――去年の10月5日に、東京都中野区の宝仙学園中学校・高校で任命式が行われ、そこでは生徒が先生に花束を贈る催しもありました。
任命式ではスピーチをさせていただいて、先生方も生徒たちも私の話にすごく熱心に耳を傾けてくれたのはうれしかったです。

実は、広報大使のお話をいただくまで、そもそも「教師の日」があることを私自身知りませんでした。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。