【メタ認知能力】一般教科での活用法

経済界、スポーツ界から教育界まで、幅広い関係者から注目を集める「メタ認知能力」。文科省の研究開発指定校の校長として、その実践研究に取り組んできた現ベネッセ教育総合研究所顧問・後藤良秀氏は、この能力がこれからの教育において鍵を握ると語る。実際に、どのような可能性を秘めているのか。インタビューの最終回では、今後の展望を聞いた。(全3回)
この特集の一覧
 ・メタ認知能力の育成法

4年間の研究開発を終えて今取り組んでいること
――東京都町田市立鶴川第二小学校におけるメタ認知能力の育成は、現在どのようになっているのでしょうか。
4年間の研究開発期間中に、「21世紀スキル科」という特別教科の中で実践していたメタ認知能力育成の取り組みを、現在は一般教科において活用する方法を研究しています。国語や算数も、子供自身が「学びたい」「分かりたい」という気持ちを持てたら、間違いなく力になります。

しかし、学習到達目標があらかじめ設定されている一般教科の中で、子供たちの主体的な学びに任せることは、簡単ではありません。算数の授業で、「教科書の好きなページからやっていいよ」というわけにはいかない。また、学び方ばかり意識してしまうと、教科としての本質的な目標点に到達しないということも起こります。
――子供の主体的な学びを実践するのは、難しいものなのですね。
主体的な学びとは、子供がやりたいことを好き勝手にやらせることではありません。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。