【教育界のチェンジメーカー】人が育つ環境を変えたい

大学卒業後に単身スペインへ渡ってプロサッカー選手を目指し、帰国後はNPO法人Teach For Japan(以下TFJ)の第3期フェローとして小学校教員になった中原健聡(たけあき)氏。その後、「校長の右腕」というユニークな役職で、経営危機の札幌新陽高校の経営をV字回復させるなど、教育界のチェンジメーカーとして注目を集める。2019年よりTFJのCEOとなり、「教室から世界を変える」をスローガンに活動する中原氏に、日本の教育の発展に貢献したいと考えたきっかけを聞いた。(全3回)

この特集の一覧

教室から世界を変える チェンジメーカー


ファーストキャリア、サッカー時代の経験
――教育を変えたいと思ったきっかけを教えてください。

僕はプロサッカー選手から大学職員や小学校教員になり、その後、高校の「校長の右腕」という役職に就きました。履歴書だけ見ると、職歴が荒れていると思われるかもしれません。しかし、実はその一つ一つには意図があり今につながっていて、僕のビジョン・ミッションに通じています。

日本の教育の発展に貢献したいと思ったのは、大阪体育大学を卒業後、プロのサッカー選手を目指して単身スペインへ渡ったときに得た、大きな気付きがきっかけでした。

スペインのチームに所属しているとき、チームメイトが「自分は何のためにサッカーをしているのか」をよく話していました。……