【教育界のチェンジメーカー】抵抗勢力なんて存在しない

「校長の右腕」というユニークな役職で、経営危機の札幌新陽高校の経営をV字回復させた立役者の一人・中原健聡氏。現在はNPO法人Teach For Japan(以下TFJ)のCEOとして、「教室から世界を変える」をスローガンに活動している。そんな教育界のチェンジメーカー・中原氏に、インタビューの2回目は変化や変革に対する「抵抗勢力」について、自身の経験を踏まえて語ってもらった。(全3回)

この特集の一覧

教室から世界を変える チェンジメーカー


リスクをとった本気のチャレンジ
――札幌新陽高校に「校長の右腕」として就任された経緯を教えてください。

TFJの第3期フェローシッププログラムで、奈良県の小学校に赴任していた際のことです。当時、ある大阪の高校の校長先生に連れて行ってもらった、全国で先進的と言われる学校の校長や関係者が集まる会で、札幌新陽高校の求人を紹介していただいたのがきっかけでした。

求人には「校長の右腕」と書かれていて、応募条件は「本気で挑戦したことがある人」とありました。業務内容は白紙。僕は、大学卒業後にサッカー選手を目指して単身スペインへ渡ったという経験があったし、業務内容が白紙というのも心に刺さりました。つまり、リスクをとったチャレンジを、ある程度自由にやらせてもらえる環境だと考えたのです。自分の夢に向かった次なるステップとして、札幌新陽高校の「校長の右腕」というポジションに応募することを決めました。

抵抗勢力をつくるのは自分自身
――変革に抵抗勢力はつきものだと言われますが、札幌新陽高校に着任時の周囲の反応は。

着任した当初、多くの先生方は「校長の右腕」という役職の募集がかけられていたことすら知らなかったんじゃないかと思います。……