【葉一氏】授業動画は邪道なのか

教育系YouTuberとして、8年前から小中高生に向けて授業動画を配信している葉一(はいち)氏。チャンネル登録者数は78万人(1月31日現在)を超え、SNSを中心に「学校の授業より分かりやすい」など賛辞の声が上がっている。授業動画を投稿し始めたきっかけとは何なのか、授業づくりはどのような視点で進めているのか。思い描く理想の教育とともに話を聞いた。(全3回)
この特集の一覧
学校とYouTubeは共存できるのか

きっかけは学習塾の月謝事情
――なぜYouTubeで授業動画を配信するようになったのでしょうか。
子供たちが「誰でも」「どこでも」「好きな時間に」学習できる、新しい教育のスタイルをつくりたかったからです。

授業動画を配信し始める前は、塾講師をしていました。そこで初めて学習塾の月謝事情を知り、こんなに高額なのかと驚きました。私自身は子供時代、学習塾に通ったことがなかったのです。

家庭の所得格差のせいで、塾に通える子と通えない子がいることに、どこかモヤモヤ感を抱えながら勤務していました。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。