【1人1台時代】つくば市立みどりの学園

文科省が今年度補正予算案で打ち出したGIGAスクール構想により、2023年度までに全小中学校に児童生徒1人1台の学習者用コンピューターが導入され、ICT化が一気に進むことになる。「1人1台」の教育環境で、どんな授業が行われるのか。令和の学校のスタンダードモデルとして注目されているのが、茨城県つくば市立みどりの学園義務教育学校(毛利靖校長、児童生徒1004人)だ。学習者用コンピューターが全学年のあらゆる教科で活用される同校の実践に、近未来の学校の「当たり前」を垣間見た。
この特集の一覧
シリーズ・1人1台時代

ICT利活用が日常の授業風景に
1月16日、文科省の「学校ICT活用フォーラム」の一環で同校を視察に訪れた参加者らは、その光景に度肝を抜かれた。授業公開の前に行われた児童生徒によるプレゼンテーションでは、6年生がプログラミング教材「マインクラフト」を使って作成した未来の家のコンセプトを流ちょうな英語で発表したかと思えば、今度は科学部の生徒が自ら開発した霞ヶ浦の生態系シミュレーションプログラムについて説明し始めた。

児童生徒の発表が終わり、参加者が感嘆していると、毛利校長は「子供たちはこの日のために何日も練習してきたわけではない。デジタル教科書の活用から、STEAM教育まで、本校の普段の授業を見てほしい」と参加者に語った。

その後の視察では、高校入試の関係で不在だった9年生(中3)を除く、全ての学年で授業が公開され、つくば市の独自教科である「つくばスタイル科」で児童生徒がプログラミングやプレゼンテーションに取り組む光景や、数学の図形問題で生徒が引いた補助線を大型提示装置上で共有する様子などが披露された。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。