【葉一氏】教えるを超えたYouTuber先生

「とある男が授業をしてみた」というチャンネル名で授業動画を配信する葉一(はいち)さん。チャンネル登録者数は78万人以上(1月31日現在)、ツイッターのフォロワー数は4万5000人以上に上り、中高生からは日々さまざまな悩みも寄せられている。第2回は、「教育に恩返ししたい」という信念の下、YouTubeを舞台に子供たちと向き合う葉一さんに、教育者としての思いを聞いた。(全3回)
この特集の一覧
学校とYouTubeは共存できるのか
「死にたいです」とメール
――葉一さんは東京学芸大学教育学部を卒業されていますが、教師になろうとは考えなかったのでしょうか。
大学時代は教師になるつもりでした。ただ教育実習でいろんな学校を見たり、大学の先輩と話をしたりするにつれて、自分が理想とする教育を突き詰めたいという思いが大きくなっていったのです。

私は知識を教えるのも好きですが、それ以上に放課後や休み時間に子供たちとじっくり話すなど、精神面での支えになれる存在でありたいと考えています。

もちろん、教師になってもそれは可能ですが、日々の業務に忙殺されて、そこまで手が回らない現実もある。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。