【葉一氏】YouTubeで授業が変わる

YouTubeで配信される授業動画が、中高生を中心に視聴数を伸ばしている。こうした状況がさらに進むと、学校教育にはどのような影響が及ぶのだろうか。教育系YouTuberのバイオニア的存在である葉一(はいち)さんは、学校教育と授業動画は共存できると話す。そんな葉一さんに、海外の動向にも触れつつ、未来の学校教育の在り方、可能性などを聞いた(全3回)
この特集の一覧
学校とYouTubeは共存できるのか
基本問題の説明に動画を活用
――学校現場に招かれ講演や授業をするなど、教師と接することが増えたようですが、どのような反応をされますか。
両極端な反応をされることが多いですね。若い先生などは、私の動画を授業に取り入れてくれたり、教育について意見交換してくれたりと、とても好意的に対応してくれます。

一方で、「YouTubeなんかで勉強できるわけがない」と懐疑的に見ている先生がいるのも事実です。

そうした温度差は感じますが、意欲のある先生方と教育の未来や授業のつくり方について意見を交わせるのは本当に楽しいですし、刺激を受けています。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。