【北欧の教育最前線】教室のおしゃれ家具の裏事情(前編)

北欧の教室ではパステルカラーのソファやラグをよく見かける。いすや机の他に、バランスボールや足こぎペダルなども置いてあって、おしゃれでアットホームな雰囲気が感じられる。これらの家具はいつ頃から、どのようにして導入されたのか。おしゃれ家具の裏事情をお伝えする。
インテリアへのこだわり
スウェーデン発祥のIKEAを筆頭に、北欧は著名な家具メーカーやデザイナーを多数輩出している。シンプルで洗練されたフォルム、木材やファブリック(布)など自然を感じさせる素材、機能的でモダンな雰囲気といった特徴を持つ北欧家具は世界中で愛されている。

北欧人は総じてインテリアへのこだわりが強い。長くて暗い冬に、家の中で過ごす時間が多いからだろうか。あるいは、福祉国家の「豊かな暮らし」のイメージを共有しているからだろうか。
規制緩和と建て替えで家具刷新
学校の家具も、最近は洗練されたデザインのものが増えてきている。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。