【公教育の崩壊と再構築】米国の公教育はなぜ崩壊したのか?

教育現場で起きていることを通して、社会の在り方そのものを問い直す行為が必要だ――。いま日本に求められる教育改革について、新進気鋭の教育研究者として注目される鈴木大裕氏はそう力強く語る。鈴木氏は日本の教育を変えるため、米国で教育改革について学んできた。しかし、最初は大胆で輝かしく映っていた米国の教育改革も、学べば学ぶほど、新自由主義社会にのみ込まれ経済に服従する「闇」の部分が見えてきたという。米国では何が起こっているのか。インタビューの第1回は、鈴木氏が米国で体感した「公教育の崩壊」について聞いた。(全3回)
この特集の一覧
公教育の崩壊と再構築
教育はお金を出せば買える商品に
――米国の教育改革について学ばれて以後、新自由主義の社会における教育「改革」の危うさについて、警鐘を鳴らしていらっしゃいますね。
千葉市で教員をしながら教員の仕事に魅力を感じる一方で、進まない日本の教育改革に危機感を持つようになりました。そして、米国の大胆な教育改革に憧れて再渡米し、大学院の博士課程で教育改革について学び始めました。

しかし、学べば学ぶほど、テストの点数と市場原理に基づく公立学校の閉鎖や、それに伴う教員の一斉解雇、まるで塾のような公設民営学校(チャータースクール)の拡大、義務教育における学校や教員の序列化など、さまざまな闇の部分が見えてきたのです。

世の中のあらゆる出来事を経済的な観点からのみ捉えようとする「新自由主義の社会」が、米国では公教育にも大きな影響を及ぼしています。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。