インクルーシブ教育の実践 「ICT」とは、何の略称か

共生社会の形成に重要な鍵となる、インクルーシブ教育システムの構築。障害のある児童生徒と障害のない児童生徒が共に教育を受けられる環境づくりを目指すものだ。弊紙では、これらシステムの推進に現場がどう取り組むべきか、東京学芸大学教育学部特別支援科学講座の奥住秀之教授にインタビューし、1月3日の電子版で報じた。本特集では「インクルーシブ教育の実践」をテーマに、ICTを活用して取り組みを進める学校の事例を伝える。

新指導要領の全面実施へ
奥住教授は先のインタビューで、インクルーシブ教育と新学習指導要領との関連について、「これまでは『通常の学級で学ぶ児童生徒は障害のない子供を基本とする』という考え方が一般的だったが、新学習指導要領ではこの見方を180度改め、『発達障害を含め、障害のある児童生徒が通常の学級に在籍しているのが当然だ』という認識が前提になっている」と語った。

この前提に基づき、子供一人一人が異なる問題を抱え、それぞれに特性や得手不得手があるとして、多様性のある子供同士が学び合える環境をつくるのがインクルーシブ教育だ。

そうした中、東京学芸大学附属小金井小学校では、「ICT×インクルーシブ教育」を研究テーマに新たな取り組みを進めている。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。