【ゲーム依存】「やめたくともやめられない」苦しみ

ゲームに熱中するあまりプレイ時間をコントロールできなくなり、日常生活に悪影響を及ぼす「ゲーム依存」。2019年5月にはWHO(世界保健機関)が新たな精神疾患として認定した。特に若年層が深刻な症状に陥りやすいと、専門家たちは危惧する。ゲームやネットに依存する子供やその保護者を対象にカウンセリングを実施している民間機関「ゲーム依存回復支援サービス『MIRA-i』」の臨床心理士・森山沙耶氏に、子供たちを取り巻く現状を聞いた(全2回)。
この特集の一覧
”ゲーム依存”を読み解く
やめたくとも、やめられない
――そもそも「ゲーム好き」と「ゲーム依存」では、どのような違いがあるのでしょうか。
依存レベルになると、まずコントロールの障害が起こり、「やめたいけれどやめられない」状態に陥ります。単なるゲーム好きの子の場合でも、「まだやめたくない」と続けてしまうことがありますが、それとは全く別物です。依存症になると食事や睡眠よりもゲームを優先させてしまい、結果、通常の生活との両立ができなくなります。

次に、離脱症状が見られます。ゲームをしていないと落ち着かなかったり、イライラしたり、不快な気持ちになってしまいます。純粋に楽しんでゲームをするのではなく、不快な気持ちになりたくないためにプレイし続けてしまうのです。
――カウンセリングを受けに来る子供は、どのような事例が多いのでしょうか。
当施設には小学生から大学生まで来ますが、ボリュームゾーンは中高生です。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。