【ゲーム依存】「やめたくともやめられない」苦しみ

ゲームに熱中するあまりプレイ時間をコントロールできなくなり、日常生活に悪影響を及ぼす「ゲーム依存」。2019年5月にはWHO(世界保健機関)が新たな精神疾患として認定した。特に若年層が深刻な症状に陥りやすいと、専門家たちは危惧する。ゲームやネットに依存する子供やその保護者を対象にカウンセリングを実施している民間機関「ゲーム依存回復支援サービス『MIRA-i』」の臨床心理士・森山沙耶氏に、子供たちを取り巻く現状を聞いた(全2回)。

この特集の一覧

やめたくとも、やめられない
――そもそも「ゲーム好き」と「ゲーム依存」では、どのような違いがあるのでしょうか。

依存レベルになると、まずコントロールの障害が起こり、「やめたいけれどやめられない」状態に陥ります。単なるゲーム好きの子の場合でも、「まだやめたくない」と続けてしまうことがありますが、それとは全く別物です。依存症になると食事や睡眠よりもゲームを優先させてしまい、結果、通常の生活との両立ができなくなります。

次に、離脱症状が見られます。ゲームをしていないと落ち着かなかったり、イライラしたり、不快な気持ちになってしまいます。純粋に楽しんでゲームをするのではなく、不快な気持ちになりたくないためにプレイし続けてしまうのです。

――カウンセリングを受けに来る子供は、どのような事例が多いのでしょうか。

当施設には小学生から大学生まで来ますが、ボリュームゾーンは中高生です。ゲーム依存の症状とともに、不登校や引きこもりの問題を抱えていて、保護者もどこに相談すればいいのか分からないと困り切った様子で駆け込んで来るケースが多いですね。

いじめを受けたり、勉強についていけなくなったりして不登校になった結果、家にいる時間が増えてゲーム依存になった子供もいます。

ただ、私が診てきた子供の大半は、先にゲーム依存なった子です。スマホを買い与えられて、最初は適度に楽しめていたのが、だんだんとプレイ時間が長くなり、成績が下がったり、勉強についていけなくなったりして、不登校になるようなケースが目立ちます。

いずれにせよゲーム依存の状態になると、生活習慣が崩れ、体力も低下していき、自力で学校やアルバイトなど外に出ることが難しくなります。決して本人の意思が弱かったり、怠けたりしているわけではなく、第三者の支援を必要としている状態なのです。

専門機関が少ない日本
――保護者は、家庭でどのような対応をしているのでしょうか。

子供がゲームに没頭して学校へ行けなくなった当初は、「様子を見よう」というスタンスの人が多いですね。子供が引きこもってゲームをしていても、どうにか生活が送れているので、深刻な状態になるまで発見できないことがあります。

また、日本では依存症についての理解が十分ではないので、世間の目を気にして家庭で問題を抱え込んでしまうこともあります。その結果、ゲームを取り上げるなど極端な対応に出てしまい、家族関係が悪化することも珍しくありません。最悪の場合、家庭内暴力に結び付くケースもあります。

――では、どんなきっかけで専門機関に来るのでしょうか。

受験や進級のタイミングが迫り、いよいよどうしようもなくなったと危機感を抱き、カウンセリングに来る方が多いですね。また、保護者がゲームを取り上げようとしたところ、子供が暴れたり暴力を振るったりして、家庭では対処しきれず相談に来る方もいます。

皆さん当サービスにたどり着くまで、いろいろな機関を訪ねています。ただ、ゲームやネット依存については専門の病院や施設も少なく、特に地方の場合は顕著です。

インターネットやゲームの依存症に特化した診療科のある病院では、予約が半年待ちだったり、予約の電話がなかなかつながらなかったりして、「どうすればいいのか途方に暮れていた」と吐露する方もいました。

ゲーム依存で困っている子供や家族の数に比べて、専門機関や専門家が少なすぎることは深刻な問題でしょう。

――学校には相談しているのでしょうか。

担任の先生やスクールカウンセラーに相談しているようです。ただ学校では不登校や、学習にまつわる対応が中心です。

学校現場ではゲームやネット依存について専門的な知識を持つ方が少ない現状があり、どう対応すればよいのかといった声を耳にすることもあります。学校現場でゲーム依存への対応方法について知識を身に付けつつ、専門の相談機関などとも連携をとっていくことが大切だと思います。

ゲームの禁止は逆効果にも
――ここでは、どのようなカウンセリングをしているのですか。

初回のカウンセリングに、当事者本人が来ることはほとんどありません。当事者にとっては、「ゲームを取り上げられる」「初めて会うカウンセラーに話すことなんてない」というのが本音でしょう。

ですので、まずは保護者を対象にカウンセリングをします。多くの場合、ゲームを巡って親子関係が悪くなっているので、保護者用のプログラムを通して子供とのコミュニケーション方法や依存症への対処法について学んでもらいます。

保護者の振る舞い方が変わってくると、子供も少しずつ心が動き、相談を受けることに前向きになります。そのタイミングで、当事者と1対1のカウンセリングに入ります。

――当事者とはどのようなことを話すのでしょうか。

認知行動療法をベースとした、当事者用のプログラムを実施します。

例えば、最初から「ゲームをやめましょう」という話はしません。カウンセリングに来る子供本人は、「今の生活は良くない」という思いと、「でも、ゲームはやめられない」という思いのはざまで揺れています。

ゲームやネットに依存する子供や家族対象にカウンセリングする、臨床心理士の森山沙耶氏

ですから、「今の生活を振り返ってみましょう」と提案をして、1日のスケジュールを紙に書き起こしてもらいます。食事の時間や睡眠時間、ゲームをしている時間を書き出し、可視化することで、当事者は自身の想定以上にプレイ時間が長いことに気付き、周りが指摘するよりも現実を受け入れやすくなります。

次のステップでは、ゲームの時間を減らした生活と、現状の生活についてメリットとデメリットを書き出します。

そのような作業をただやらせるだけでなく、一緒にすることで、本人が少しずつ気付きを得ていきます。どんなに時間がかかっても、どうするかを自分自身で決めることがとても大切なのです。

気付きを与えることの重要さ
――あくまで本人が気付くことが大切なのですね。

そうですね。「今のまま続けたら1年後、3年後、10年後はどうなっていると思う?」と、将来についても一緒に考えます。

最初は答えられない子供がほとんどですが、「じゃあ、1カ月後はどうだろう」とスパンを短くして聞くと、「このまま運動しないと体重が増えているかな」「勉強もついていけなくなっているかもしれないな」などと、考えられる範囲の将来像を話し始めます。そして「このままじゃ、ちょっとまずいぞ」と、自分の口から発するようになるのです。

その段階まで来たら、「初めは1時間減らしてみよう」「まずは寝る時間だけを決めよう」といった形で、個人的な目標に落とし込みます。

――ゲーム依存になりやすいタイプというのはあるのでしょうか。

ゲーム依存はいろいろな要素が複合して、絡み合って起きるという理解が正しいでしょう。だから、誰でもなり得るものだと捉える必要があります。

例えば、「部活でけがをして退部になってしまった」「新しいクラスに馴染(なじ)めなかった」「両親が離婚してしまった」など大きな変化があったときに、ストレスを解消したり、気を紛らわせたりする手段がゲームしかなかったとしたらどうでしょうか。やり場のない気持ちや苦しさに向き合えず、どうすればいいか分からない中で、現実から逃避してゲームに走る子は多いでしょう。

ゲームが支えの子供たち
――子供のゲーム依存が、ここまで深刻化している要因をどう捉えていますか。

ゲームに依存する子供の大半は、オンラインゲームをプレイしています。インターネット経由で、複数のプレーヤーと通信しながら対戦したり、チームで戦ったりする内容のものです。

そうした子供たちにとって、ゲームは自分を支えてくれる存在なのです。カウンセリングをしていても、まるで学校の休み時間や部活での出来事を話すかのように、ゲーム上の仲間との話を楽しそうにする子がいます。

その子たちがゲームに没頭するコアタイムは、午後11時から午前3時くらいです。みんなでオンライン上に集まって対戦をして、それが終わったらツイッターやYouTubeに舞台を変えて反省会をします。その後、YouTubeのゲーム解説動画で自主学習をして、眠るのは午前4時くらいです。

ゲームをやめられない要因の一つは、自分を必要としている居場所のようなものをゲームの中に見いだしているからだと思います。

学校も家庭もつまらないと感じている子供にとっては、ゲームの中の人間関係や世界が魅力的で、それが心の支えになっているのでしょう。

(板井海奈)


【プロフィール】

森山沙耶(もりやま・さや) ネット・ゲーム依存回復支援サービス「MIRA-i」チーフカウンセラー。公認心理師、臨床心理士、社会福祉士。2012年に東京学芸大学大学院教育学研究科を修了後、家庭裁判所調査官として勤務。少年事件・家事事件の調査を行う中で、非行少年の更生や離婚調停など家庭紛争の調整に関わる。大学病院に臨床心理士として勤務。2016年から、うつ病など精神疾患を抱える方の社会復帰の支援を行っている。2児の母としての経験と心理臨床の経験を生かして、子育て支援に関する講演活動なども行う。2019年8月、独立行政法人国立病院機構 久里浜医療センターにてインターネット/ゲーム依存の診断・治療などに関する研修(医療関係者向け)を修了。

この特集の一覧