【1人1台時代】前原小前校長、松田孝氏の実践哲学

GIGAスクール構想が打ち出されたことで、児童生徒用コンピューターの「1人1台」が現実になろうとしている。そんな中、早くから1人1台やプログラミング教育の可能性に注目し、校長として取り組んだのが東京都小金井市立前原小学校の前校長、松田孝氏だ。昨年3月に校長を辞職後は起業し、各地の教育改革の支援に駆け回っている。近く、前原小での教育実践をまとめた著書『学校を変えた最強のプログラミング教育』(くもん出版)を2月28日に出版する松田氏に、教育の未来を聞いた。
この特集の一覧
シリーズ・1人1台時代

プログラミングで「砂場遊び」のような学びへ
――GIGAスクール構想によって「1人1台」の環境が全国の小中学校で当たり前の姿となりますが、どう捉えていますか。
最高だと思います。私が前原小にいた3年間で最もエネルギーを注いできたのは、1人1台の環境づくりです。これに奔走した3年間だったと言っても過言ではありません。それが、2023年度までに高速通信ネットワークとともに、全ての小中学校に整備されるわけです。

ただ、問題は1人1台が実現した後にどう使っていくか。もし、これまでのアナログ環境下で構築された教科教育の指導法や、従来の学習場面に当てはめた活用にとどまるなら、GIGAスクール構想が目指す公正に個別最適化された学びやSociety5.0に必須のコンピテンシーを育み、何よりも子供たち一人一人の個性を磨くことはできないと思います。

ICTの活用には、「Adaptive」「Assistive」「Active」という3つの機能があります。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。