【AI時代の教育を探る】単元学習短縮でSDGs探究実現

人工知能(AI)時代を迎え、教育に求められる質が大きく変わろうとしています。【AI時代の教育を探る】は、変化し続ける教育現場の最前線を報告する企画です。
中教審が教育課程の基幹となっている標準授業時数の見直し論議に着手した。教員の働き方改革が問われる一方、EdTechの活用で効率的に知識・技能を習得する可能性が広がり、授業の質的な改善が大きな課題として浮上してきたことが背景にある。こうした変化を示す先行事例が、東京都千代田区立麹町中学校(工藤勇一校長)が経産省の「未来の教室」実証事業として取り組んできたAI教材、キュビナ(Qubena)の活用だ。2年目の実証事業では、数学と英語の単元学習の短縮化で生み出された授業時数のうち15時間分を使い、国連の持続可能な開発目標(SDGs)をテーマにした探究授業が行われた。その最終発表会から教育改革の現在位置を確かめてみたい。

(編集委員 佐野領)

この特集の一覧
AI時代の教育を探る
年間授業時間「70時間くらい余る」
麹町中学校では、昨年度にEdTechベンチャー企業COMPASS社が開発したキュビナを数学に導入し、1年生では授業時数62時間分の単元学習が34時間で修了した。今年度には英語にも導入。結果は集計中だが、授業時数の2-3割程度を効率化できたという。

工藤校長は「通常の授業では生み出せない時間が数学と英語から生まれた。数学は、一番遅い子だって授業時数の半分ぐらいのスピードで進むから、まともにやったら年間70時間くらい余る。その時間を使って、SDGsの探究学習ができたのはよかった」と話す。

キュビナのようなEdTechを活用して知識・技能の習得を効率化し、授業時数の在り方を見直す流れは、もはや止めようがないようにもみえる。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。