【探究と方法1】ニューロ・ダイバーシティを育てる(法政大学学長 田中優子)

総合的な深い学びを重ね、先行き不透明な時代を生きる。子供も大人も同じ課題に向きあっている。方法の学校・イシス編集学校の学びは年齢を問わない。ニュースも教室の声も教科書も全てを情報と捉え、生き生きと動かす方法=編集力を研鑽する。新連載「探究と方法」では、「問い」に始まり発想・思考・表現力を徹底的に「稽古」するユニークな同校での学びを経て、各方面で活躍する面々が、新学習指導要領が重視する「探究」とその「方法」をテーマに、いまの教育課題を突破する見方やヒントをお伝えする。初回の担当は、江戸文化の研究で知られる田中優子・法政大学学長。
この連載の一覧
探究と方法

能力のダイバーシティ
今年刊行される共著が2冊ある。1冊は松岡正剛さんとの対談本『江戸問答』(岩波新書)。もう1冊は池上英子さんとの共著『江戸とアバター 私たちの内なるダイバーシティ』(朝日新書)だ。7年目に入った大学総長という仕事ともあいまって、この両方の著書で私は、人のもっている才能がどのように育っていくのか、独自の能力を育成し伸ばすためにはどういう方法が最適なのか、という問題に直面していた。

そのような折に、それらの課題をかすめるインタビューが実施され、1月上旬から順次、「遊刊エディスト」で公開された。このインタビューで私が迷いながら話したこと、自分には解決できていない、と感じていたことがある。「独自の高い感性や、その人なりの個性的な表現力は、どうすれば磨けるのか」である。

教育界で私がそんなことを言えば、「芸術家であふれても経済は発展しないでしょ」などと揶揄されそうである。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。