【北欧の教育最前線】「コロナ休校」に備える北欧諸国

北欧でも、今週は新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の話題でもちきりだ。スポーツ休暇が明けたスウェーデンでは、バカンス帰りの家族から次々と感染が報告されている。スウェーデン94人(3月6日付)、デンマーク20人(5日付)、フィンランド12人(5日付)、ノルウェー86人(5日付)、アイスランド34人(5日付)だ。中国や日本、イタリアでの休校措置も報じられ、学校関係者は危機対応に追われている。刻々と状況が変わる中で、対応の最前線をお伝えする。
この連載の一覧
北欧の教育最前線


スウェーデン:教育権保障をあきらめない

ストックホルム市教育部は3月2日に「対パンデミック準備計画」を発表し、通常の教育活動をできるだけ長く維持することを目指す方針を示した。この計画では、半数の職員が8週間ほど休んだ場合を想定して、日々のルーティンをどのように回すのか、公共交通機関が運休になった場合の職員の通勤をどうするか、給食や消耗品の配達をどう確保するか、といった点が検討されている。

また、教育部では、各学校の備蓄スペース、消耗品の蓄え、清掃、そして生徒と職員への情報伝達方法について緊急に把握する必要があるとしている。

感染防止のために休校する場合には、学校病理の専門医と防疫関係機関の助言を受けて市の基礎学校部長あるいは高校部長が決定するとしている。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。