【心理的安全性】教室の安心と不安

「心理的安全性」とは、「サイコロジカル・セーフティ(psychological safety)」を日本語に訳した心理学用語で、グーグル社が2015年に約4年かけて自社内での研究を発表した結果、近年ではビジネスシーンでも注目を集めるようになった。この「心理的安全性」は、学校の中ではどのよう捉えることができるだろうか。組織開発ファシリテーターとして、長年にわたりビジネス現場や教育現場の組織開発を手掛けてきたナガオ考務店代表取締役・長尾彰氏に聞いた。(全3回)
この特集の一覧
教員とクラスの心理的安全性

「心理的安全性」とは何か?
――「心理的安全性」とは一体何でしょうか。
僕は「心理的安全性」は、人と人との関係性の捉え方の問題と考えています。誰かから誰かへ、一方的に与えられるものではありません。つまり、「あなたに心理的安全性を授けよう」と、授けられるものではないのです。

心理的安全性という概念を最初に提唱したのは、ハーバード大学で組織行動学を研究している、エイミー・C・エドモンドソン教授です。エドモンドソン教授は心理的安全性の定義について、1999年に発表した論文「Psychological Safety and Learning Behavior in Work Teams」の中で「チームにおいて、他のメンバーが自分が発言することを恥じたり、拒絶したり、罰を与えるようなことをしないという確信を持っている状態であり、チームは対人リスクをとるのに安全な場所であるとの信念がメンバー間で共有された状態」と述べています。

「心理的安全」の反対は、「心理的不安」です。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。