「卒業証書は手渡し」千葉・市川市の休校判断に苦情なし

政府による全国一斉休校の要請に国会審議やネット上では不満と反発が根強いが、新型コロナウイルス(新型肺炎)の感染者が一足先に確認された千葉県市川市では、政府の休校要請に先駆けて独自判断で2週間の一斉休校を決め、学校から保護者に事前メールを送って、ほとんど苦情がないまま休校期間を乗り切ろうとしている。近く行われる卒業式では、保護者が式場で見守る中、児童生徒一人一人に学校長が卒業証書を手渡す予定だ。教員は学習進度にあわせた教材を事前配布した上で、家庭訪問などを通じて教え子たちの動静に気を配り、ネット環境を利用したデジタル教材やLINEを通じた学習支援教材も活用している。3月10日には春休みまでの休校延長を決める一方、卒業式と入学式、修了式や始業式を対面で実施することを確認した。一斉休校と向き合う市川市の取り組みと首長の判断を紹介する。

(編集委員 佐野領)



一斉休校は市教委のアイデア
市川市で新型コロナウイルス感染への懸念が一気に高まったのは、2月25日、千葉県が同市内のスポーツクラブを感染者3人が利用していた、と発表したときから。間もなく、このスポーツクラブの利用者に市内の学校に勤務する教職員が含まれていることも分かった。

市教委の動きは早かった。翌26日には、市内の小学校39校(児童数2万1937人、義務教育学校を含む)と中学校16校(生徒数9463人、同)などの一斉休校に向け、臨時校長会を開いて学校現場の意思統一を図った。

村越祐民・市川市長は「私としては、休校措置はやりたくなかった。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。