【大前流 教育改革案】「エリート教育を嫌うな」

「平成の30年間において、OECDの中で日本だけがこんなに衰退し、GDPも給与も伸びなかった。教育のみが唯一、この状況を変えられる」と、経営コンサルタントでビジネス・ブレークスルー(BBT)大学学長の大前研一氏は語る。第2回は、世界で戦える人材を海外の学校がどう育成しているのかと、それに負けない児童生徒を育てるために日本の教員ができることを聞いた。

(聞き手・教育新聞編集部長 小木曽浩介)

この特集の一覧
続・大前研一氏に聞く

STEAM教育と英語
――大前さんから見て、いま学校教育がうまくいっている国はどこですか。
インドはフォーチュン500社(米フォーチュン誌が毎年発表する上位500社のリスト)の全てに、副社長以上の人材を提供しています。インドという国は、国そのものにはいろいろ問題がありますが、人材育成という観点では、世界の経営陣の中で活躍できる人材を大量に輩出しているわけです。世界に通じる経営人材をつくり出す、あるいは、IT人材をつくり出すことにおいてはトップですね。

のみならず、医者、税理士、会計士、弁護士などの高度な専門職が、世界中で最も多いのもインド人です。米国へ行っても、英国へ行っても、プロフェッショナルと呼ばれる職業の3分の1はインド人といった状況です。

諸外国へ出たときに活躍できる能力を、インドの学校は育てているわけです。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。