【心理的安全性】教員の安心を作る

組織において、チームの生産性を向上させるものとして注目されている「心理的安全性」。これを高めるには、お互いが不安に感じている事柄への相互理解が鍵となる。組織開発ファシリテーターとして、長年にわたりビジネス現場や教育現場の組織開発を手掛けてきた株式会社ナガオ考務店代表取締役・長尾彰氏へのインタビュー最終回は、学校教員の心理的安全性について聞いた。
この特集の一覧
教員とクラスの心理的安全性
チーム一丸のデメリット
――心理的安全性が高まると学級が一つにまとまりますか。
「クラスをチームにしよう!」という取り組みもさまざまあり、クラスみんなで何かに取り組む経験を通じて、クラスの結束力は高まると思います。しかし、結束力が高まっている状態は、ネガティブな側面も併せ持ちます。それは、結束力が高まれば高まるほど、排他的になるということです。

なぜなら、同質性が高まると、異質性を排除しようという動きが生まれるからです。クラスが一丸になればなるほど、一丸になることに懸念を示すクラスメートが現れたり、自分たちと違うよそのクラスを排除しようとしたりしてしまいます。

また、クラスの結束力が高まると、担任の先生を長とした「帝国」が出来上がっていくことにもなるでしょう。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。