休校でも子供は受け入れ 特別支援学校の混乱と葛藤

新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)による政府からの突然の休校要請で、特別支援学校は難しい判断を迫られた。福祉サービスなど、休校中の居場所を確保できなかった児童生徒の受け入れを求められたからだ。各校はどのように対応したのか。特別支援学校の現場を取材した。


特別な学校通信でメッセージを発信
2月27日の夕方、東京都豊島区にある都立大塚ろう学校の職員室に政府の一斉休校要請を伝えるニュースが流れると、どよめきが起こった。全国特別支援学校長会会長も務める朝日滋也校長は、すぐに主幹教諭らを集めて対応を協議。3月2日からの休校を想定し、最後の登校日となる翌28日に子供に持ち帰らせるものや、休校中の宿題、保護者への説明文書の作成など、準備に追われた。

朝日校長はその合間を縫って、学校通信「大塚だより」の臨時号を作成。急な休校に戸惑いを隠せない子供たちに向けて、「学校はお休みでも、友達と会えなくても、みんなで勉強を続けましょう。自分でやることを決めて、午前中にやること、午後にやることを毎朝ノートに書き出してみて、一つ一つ終わらせていきましょう」とメッセージをつづって、突然の最後の登校日となった翌日、「桜が咲くころに学校でまた会おう」と子供たちを見送った。

朝日校長は「休校する前は『ここまでやるのか』という思いもあったが、休校が決まった直後に都内の公立小学校でも児童の感染が分かり、国や都の方針を重く受け止めなければいけないと認識を改めた」と振り返る。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。