【一斉休校の現場から】休校中は教員がYouTuberに?

全国の小中高などで続く一斉休校。通常再開する自治体も出てくるなど、学校現場は新年度に向けてかじを切り始めた。この休校期間は、新年度の子供たちの学力にどんな影響を及ぼすのか。不測の事態を教師はどう乗り越えるのか。

この危機をチャンスとしてとらえ、授業のICT化を加速させているのが神奈川大学附属中学・高等学校(菊池久学校長、生徒1291人)だ。有志の教諭らが集い、YouTube LIVEを活用し、生徒たちに授業を届けている。


宇宙エレベーターがテーマの授業
宇宙エレベーターをつかった、旅行プランを考えよう――。

3月中旬、臨時休校中の同校の教室では2人の教諭がカメラに向かって、熱心に語り掛けていた。2人は物理担当の佐藤克行教諭と、英語担当の福家匠人(ふけ・しょうじん)教諭。休校中の高校1年生に向けて、授業をライブ配信した。

同校は生徒1人1台端末を段階的に整備しており、この日は整備済みの高校1年生の希望者を対象に、物理基礎とコミュニケーション英語の教科横断型の授業を行った。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。