【受験向け授業はしない】人生を変えた東日本大震災

生徒が「考えること」「行動すること」を重視した授業づくりに取り組んでいる福島県立福島高校の遠藤直哉教諭。初任校の実業高校では難関大学への進学者を複数出すなど、生徒のやる気や可能性を引き出す指導は、教員人生のスタート時から光るものがあった。インタビューの2回目は、そんな遠藤教諭が持つ教育観と、人生を大きく変えたという東日本大震災での経験について聞いた。(全3回
この特集の一覧
進学校でも受験向け授業をしない理由

教員が生徒の可能性をつぶしているのではないか
――「考えること」「行動すること」を重視した授業づくりに取り組まれていますが、これまでの教員人生について教えてください。
大学院を卒業後、最初に赴任したのは実業高校でした。やんちゃな生徒が多く、試行錯誤の連続でした。

「これをやらないとテストで点数が取れないぞ!」とか、「このままじゃ大学いけないぞ!」とか、進学校でよく使われるような殺し文句は効きません。そこで、1年目はノートを提出させることで点数をつけていました。「ノート出さないと、就職に響くぞ!」と、脅していたようなものです。

でも、ふと思ったのです。これは本当に教育なのだろうかと。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。