【PISA2018】読解力低下を読み解く 新井紀子教授に聞く(上)

昨年公表されたOECD(経済協力開発機構)の生徒の学習到達度調査(PISA2018)では、日本の生徒の読解力低下が大きく報じられた。本当に子供たちの読解力は低下しているのか。読解力を高める必要があるなら、学校には何が求められるのか。2019年のビジネス書大賞を受賞した『AI vs. 教科書が読めない子どもたち』(東洋経済新報社)の著者である新井紀子・国立情報学研究所教授にインタビューした(全2回)。インタビューの第1回では日本の国語教育の問題点を聞いた。
この特集の一覧
【PISA2018】読解力低下を読み解く 新井紀子教授に聞く

日本の順位は米国より低い
――PISA2018の読解力調査の結果をどう捉えていますか。
日本は読解力で参加79カ国・地域のうち15位で、前回調査に続いて順位が下がりました。これまでの推移を見ると、順位が落ち込んで「PISAショック」と呼ばれた03年調査以降、文科省がテコ入れをして持ち直したのに、読解力については再び落ち込み始めたという構図のように見えます。しかしながら、学校教育の在り方がPISAの順位にどう影響したのかは、科学的にはよく分からないのではないかと思います。

順位はあくまでも相対的なものなので、「15位」といっても、他の国や地域が上がったのか、日本が下がったのか、もう少し分析をする必要があります。ただ、私の行っているリーディングスキルテスト(RST)の結果と重ね合わせると、ここ5年間くらいの間、中学生の半分くらいが、何らかの意味で教科書が読めない状態で高校入試を受けたり、中学校を卒業したりしているのは確かです。

読解力について私が特に危機感を覚えたのは、日本の順位が米国よりも低いという事実です。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。