【PISA2018】読解力低下を読み解く 新井紀子教授に聞く(下)

OECD(経済協力開発機構)の生徒の学習到達度調査(PISA2018)では、日本の子供の読解力低下が大きくクローズアップされた。この問題に対し、日本の教育界はどう向き合えばよいのか――。日本の学校のプリント学習に警鐘を鳴らす新井紀子・国立情報学研究所教授に、インタビューの第2回では学校教育への処方箋について聞いた(全2回)。
この特集の一覧
【PISA2018】読解力低下を読み解く 新井紀子教授に聞く

「読みなさい」では読解力は育たない
――高校の国語を巡っては、2021年から始まる大学入学共通テストで、記述式問題の導入が見送られました。この判断は読解力の育成にも影響が出るでしょうか。
2020年まで行われてきたセンター試験で、受験者数が最も多いのが国語です。その後身である共通テストの国語で記述式問題を出さないという判断がなされたことは、多くの受験生にとって学習方略が変わることを意味します。記述式があることを前提とするか、ないことを前提とするかの違いはかなり大きいでしょう。

一方で、高校は多様なので、大学入試だけがゴールではないし、高校教育の在り方は大学入試と分けて考えるべきだとも思います。そして、何を目指すべきかといえば、やはり格差の再生産と連鎖をさせないということです。全ての高校生に、卒業時点で少なくとも21世紀を生き抜ける力を備えてあげなければいけません。その意味でも、教科書や新聞などの基本的なテキストを正確に読める必要最低限のリテラシーを保障することが大切だと思います。
――PISA2018の結果を受けて、国ではさまざまな施策が始まっています。
世界的に見て、日本の学校ではICTがほとんど使われていないことが明らかとなり、コンピューターに入力する方式に慣れていないことが、PISA2018の結果と関連しているのではないかと指摘する意見もありました。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。