【0から1をつくる】学校と社会をつなげる

世界の先端的な学びを視察し、発信し続けている(一社)FutureEdu代表理事の竹村詠美氏。昨年夏には、「創るから学ぶ」をテーマにした教育イベント「Learn by Creation」を開催し、教員や保護者、起業家、クリエーターなど、多様な人々が共に、立場を超えてこれからの学びについて考えた。インタビューの最終回では、新しい学びの発信基地となることを目指して始まったこのイベントに込めた思いを聞いた。(全3回)
この特集の一覧
0から1をつくる学び

創るから学ぶ
――世界の先端教育の視察や「Most Likely to Succeed」の上映会などに加え、昨年からは教育イベント「Learn by Creation」も開催されました。どういった経緯で企画・開催されたのですか。
昨年の8月に初めて「Learn by Creation」を開催したのですが、その1年前に、ドキュメンタリー映画「Most Likely to Succeed」の映画プロデューサーが本を出版しました。そのことで、そのプロデューサーが来日することになり、上映会とカンファレンスを行いました。

その時に、工藤勇一校長(横浜創英中学・高等学校)や山本崇雄先生(新渡戸文化学園) など、子供中心のユニークな学びを実践されている先生方に分科会をやっていただいたのですが、とにかく参加者たちが楽しそうだったことが印象的でした。

そうした様子を見て、「学校の新たな可能性を見つけようとしている先生が、こんなにたくさんいるのだな」と感動しました。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。