【イスラエル編(中)】新型コロナという答えのない課題

多様な文化を受け入れるインターナショナルスクール
エルサレムに住むわが家の小学5年と中学3年になる2人の子供は、英国系のインターナショナルスクールに通っています(現在、新型コロナウイルスの影響で一時帰国して、オンラインにて継続中)。

生徒は、ヨーロッパ、アジア、米国と地元の生徒が中心です。日本から来て1年半ほどたちましたが、来る前に特別に英語教育をやってきたわけではないので、全て英語で行われる授業についていくのは大変です。英語が苦手な子供の対応に慣れた先生方と、特別プログラムのおかげで、どうにか頑張って学んでいます。

言葉とともに、子供たちにとって学校生活で戸惑うことは、日本と異なる文化です。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。