【オンライン授業のコツ】葉一氏・ムンディ先生に聞く

長期化する臨時休校。新学期を迎えても通常の授業ができない地域では、オンライン授業に乗り出す自治体や学校が出てきた。しかし、現場の教師たちには戸惑いも見られる。オンライン授業ではいつも笑ったり、発言したり、授業に反応する児童生徒の姿はなく、目の前にあるのはカメラのみだ。

教育系YouTuberとして多くの子供たちの学習を支える葉一(はいち)さんと、公立学校の教師であり、授業動画をYouTubeで配信するムンディ先生(山崎圭一さん)に話を聞き、一斉休校の影響やニーズが急速に高まるオンライン授業のコツ、授業づくりにあたっての留意点などを聞いた。


教師からの問い合わせが増加
「勉強どうするの?って、みんなパニックになっているよね」――。政府から一斉休校が要請された2月末に早速、葉一さんは子供たちの不安に寄り添うための動画をアップした。家庭学習の需要が高まり新たな視聴者が増えることを見越して、改めて動画の活用方法について説明した。

葉一さんは、8年前から小中高生対象に授業動画を配信する、教育系YouTuberのパイオニア的存在。チャンネル登録者数は84万人以上(4月9日時点)に上り、ホームページからダウンロードできる自作のワークシートを使った丁寧な授業解説が人気だ。一方で、SNSも積極的に活用しながら視聴者とコミュニケーションをとり、中高生の「お兄さん的存在」として活躍している。

一斉休校を巡る影響について、「閲覧数が爆発的に伸びた感触はありません。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。