【コロナ危機 6つの質問】戸ヶ﨑勤・埼玉県戸田市教育長

新型コロナウイルスの脅威に、学校はどう対処し、どう変わっていくべきか。教育新聞では教育界のキーパーソンやイノベーターらに6つの質問(▽学びの保障をどうするか▽新型コロナから児童生徒をどう守るか▽教員の安全はどう担保するか▽このコロナ危機の教訓、反省点▽学校はどう変わるべきか▽いま学校現場に伝えたいこと)を投げ掛けた。

第1回は、ICTをはじめとする教育改革を積極的に進める埼玉県戸田市の戸ヶ﨑勤教育長に質問。戸ヶ﨑教育長は「量と質の両面で学びの保障を考えている」と話し始めた。
この特集の一覧
コロナ危機 6つの質問


夏を見据えオンライン授業に対応
――新学期が始まっても休校が続き、学校再開が見通せない中で、どうやって学びを保障しますか。
戸田市では、量と質の両面で学びの保障を考えています。まず授業時数の確保では、夏休み中の授業実施や、放課後の補習などを行う予定です。また、各学校で年間指導計画を再検討し、前年度の未指導部分の位置付けや新学習指導要領の「主体的・対話的で深い学び」の視点からの授業改善に取り組みます。

一方で、熱中症予防の観点から、7~8月の時期に学校で授業を実施するのは課題があります。そこで、その時期には自宅と学校をつないだ双方向型のオンライン授業も実施することを視野に、準備を進めています。

これまでも復習を目的としたドリル教材の提供や授業動画の紹介などに取り組んできていますが、子供たちになかなか定着しないことが危惧されます。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。