【コロナ危機 6つの質問】工藤勇一横浜創英中学・高等学校校長

新型コロナウイルスの脅威に、学校はどう対処し、どう変わっていくべきか。教育新聞では教育界のキーパーソンやイノベーターらに6つの質問(▽学びの保障をどうするか▽新型コロナから児童生徒をどう守るか▽教員の安全はどう担保するか▽このコロナ危機の教訓、反省点▽学校はどう変わるべきか▽いま学校現場に伝えたいこと)を投げ掛けた。

第2回は、4月から横浜創英中学・高等学校の校長に就任した工藤勇一校長(前東京都千代田区立麹町中学校長)に質問。工藤校長は今の課題を「学校に来ないで、どのように人と学びをつなげるか」と話す。そして、「一番大事なことは、全教員が当事者として動くこと」だとメッセージを送った。

(聞き手・教育新聞編集部長 小木曽浩介、松井聡美)


この特集の一覧
コロナ危機 6つの質問


家にいながら学校を意識できる場を保障する
――新学期が始まっても休校が続いています。学校再開が見通せない中で、どうやって生徒の学びを保障しますか。
学校の役割は、人と人をつなぎ、人と学びをつなげていくことです。子供たちが家にいながらも学校を意識できる、教員や友達とつながっている感覚を持ちながら学べるような、そういう場を保障してあげることが大切だと思っています。

現時点では、本校ではさまざまなアプリを使って課題を配信したり、動画を作って配信したりする一方通行の状態です。しかし、今後はきちんとした1日のカリキュラムを作り、朝はHRから始まって顔を合わせてコミュニケーションをとり、子供たちが能動的に学べるようなオンラインの空間づくりを進めています。

課題を出され、1人で学ぶだけでは、取り残される子供が出てきます。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。