【アダプティブラーニング】個別の学びが適する教科は

GIGAスクール構想によって、全国の小中学校に1人1台の学習者用コンピューターが導入され始めている。これを受けて、今後加速していくと見込まれる「アダプティブラーニング(学びの個別最適化)」という新しい手法。児童生徒一人一人が難易度の異なる学習を個別に進めるアダプティブな学びは、果たしてどのような教科・単元などに適しているのか。アダプティブラーニングとアクティブ・ラーニングの関係性も含め、武蔵野大学教育学部の荒木貴之教授に聞いた。(全3回)
この特集の一覧
 ・個別最適化する学び アダプティブ・ラーニング
アダプティブな学びが適した教科とは
――アダプティブラーニングは、どのような教科・科目が効果的なのでしょうか。

個別最適化されたアダプティブな学びが効果を上げる代表的な教科は、英語と数学です。英語は、習い事として学んでいる子や海外滞在歴のある帰国子女などがいるので、技量に差が生じやすい教科。例えば、武蔵野大学附属千代田高等学院(以下、千代田高等学院)では、高校入学時点で英検1級を持っている生徒もいれば、5級レベルの生徒もいます。こうした生徒たちに、本当に同じ授業をしてよいのか。習熟度に個人差が生じやすい教科・科目であれば、私はアダプティブな学び方の導入を考えるべきだと思います。

実際に千代田高等学院では、経済産業省の「未来の教室」に採択された英語のライティングの授業で、習熟度に応じて一人一人に異なる課題を与えています。生徒たちが書いた文章は、米国の大学生が添削してフィードバックしますが、この授業の生徒満足度は非常に高いんです。

でも、このやり方を一人の教員でやろうとしても、非常に難しいと思います。かなりの負担が掛かってしまうでしょう。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。