【コロナ危機 6つの質問】全連小・喜名朝博会長に聞く

新型コロナウイルスの脅威に、学校はどう対処し、どう変わっていくべきか。教育新聞では教育界のキーパーソンやイノベーターらに6つの質問(▽学びの保障をどうするか▽新型コロナから児童生徒をどう守るか▽教員の安全はどう担保するか▽このコロナ危機の教訓、反省点▽学校はどう変わるべきか▽いま学校現場に伝えたいこと)を投げ掛けた。

第3回は、全国連合小学校長会(全連小)会長の喜名朝博・東京都江東区立明治小学校校長。学校現場を取り巻く厳しい状況の中で「自己調整力の育成不足を痛感した」としつつも、「児童生徒がいてこその学校で、教師だ」と来たる再開の日に向けて前を向く。
この特集の一覧
コロナ危機 6つの質問

タイムリミットは刻々と
――休校期間が長引く中で、児童生徒の学びの保障についてどのように考えていますか。
終息が見えないこの状況だからこそ、一定の期限を区切り、ある程度の見通しを持って対策していく必要があります。私は次の3通りを考えています。

①5月6日以降の連休明けから再開
【積極的予習】
▽学習方法の例示
▽学習の定着の確認や、自己評価による完結
②8月中や9月の夏休み後から再開
【発信方法の工夫】
▽授業動画の配信や、オンライン上での双方向授業
③年明けや年度末以降の再開
【都道府県、国レベルでの対応】
▽自治体がローカルテレビ局を活用して、テレビ番組を作成
▽国が「NHK for School」などのコンテンツを活用して、「テレビ小学校」を実現し、学校の通常授業と同等の授業

なるべく早く再開できるのが理想ですが、現時点では5月の連休明けからの再開は非常に厳しいと見ています。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。