【アダプティブラーニング】学びの主体は個人へ

全国の小中学校に1人1台の学習者用コンピューターを整備するGIGAスクール構想が始まる中、個々の児童生徒が自分の学習習熟度に応じた課題に取り組む「アダプティブラーニング(学びの個別最適化)」への関心が高まっている。アダプティブラーニングの第一人者である武蔵野大学教育学部の荒木貴之教授に、最終回は実践をうまく進めるための条件を聞いた。(全3回)
この特集の一覧
個別最適化する学び アダプティブ・ラーニング

重要なのは個人を大切にするマインドセット
――アダプティブラーニングに出合ったきっかけを教えてください。
最初の出合いは、2013年ごろに教育視察で米国西海岸のヌエバ・スクールを訪れ、そこでデザイン思考の学び方を見たことです。その当時、私は河合塾でドルトンスクールの中学校設立(現・ドルトン東京学園中等部)に関わる仕事をしており、世界の素晴らしい教育実践を見るために、ヌエバ・スクールの小学校を訪れました。

2013年当時、そこにはすでに校内に3Dプリンターがありました。小学生がコンピューターグラフィックスを用いて3Dプリンターを使いこなしていたのですが、私が一番驚いたのは、子供たちが非常に尊重されていたことでした。

ヌエバ・スクールは、森や緑がたくさんあって自然の豊かな学校なのですが、校舎増築に際して一部の木を切ってよいかどうかを、子供たちに聞いているんです。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。