【探究と方法3】AI時代に必要な3つのA(リクルート・ワークス研究所所長 奥本 英宏)

新学習指導要領が「主体的・対話的で深い学び」を重視する背景のひとつには、人工知能(AI)やロボットの台頭がある。いまの子供たちが社会の中核を担う頃、その多くが現在は存在しない職業に就いている可能性が高い。そうした予測不可能な未来に対応できる資質・能力を子供たちに身に付けさせるために、学校教育は何ができるのか。連載第3回は、リクルート・ワークス研究所所長の奥本英宏氏が担当する。
この特集の一覧
探究と方法

イメージをマネージする
AI時代を迎え、社会人の学びへの関心が高まっている。野村総合研究所のレポートによれば、日本人が従事している仕事の49%は人工知能やロボットに代替される可能性がある。10~20年後には、AIを開発する人、AIを使って価値創造をする人、さらには、AIの苦手な共感性の高いコミュニケーションを担う人が求められていく。そうした急激な変化に対応していくために、企業は創造的な思考力や人の感情に共感できるソーシャル・インテリジェンスの教育に力を入れようとしている。

これらの思考力や知性の開発というものを改めて考えたとき、そこには共通してイマジネーションの力が必要とされることに気付く。これからの時代、イマジネーションの開発は、人ならではの価値を生み出すために欠かすことができないテーマとなる。

イギリスのSF作家J・G・バラードが「人類に残された最後の資源は想像力だ」と語ったとおり、人間の豊かなイマジネーションは創造の源だ。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。