【北欧の教育最前線】白夜の国の断食

4月23日に約1カ月間のラマダーン月が始まった。この間、健康な成人ムスリムは、日の出から日没まで飲食を断つことが義務付けられている。ところが、北極圏、例えばノルウェーのトロムソ市では5月中旬から7月下旬まで、太陽が沈むことなく地平線を巡る白夜の期間になる。北欧に住むムスリムはラマダーンをどう過ごすのだろうか。新型コロナウイルスの感染拡大により、今年はラマダーン月の過ごし方もかなり異なっている。北欧における普段のムスリムの生活や教育をのぞいてみよう。

毎年ずれていくラマダーン月
イスラーム世界ではヒジュラ暦の9番目の月をラマダーン月という。断食によって飢餓や貧困で苦しむ人々に対する共感を高め、ムスリム同士の連帯感を強める。世界中のムスリムにとって神聖で特別な月だ。欧州のムスリム移民コミュニティーにおいても、例年モスクや家庭などさまざまな場でイベントが催される。

ヒジュラ歴は月の周期を基準としており、季節を調整しない。1カ月の単位は29日か30日間であるため、太陽暦とは毎年10日あまり、ずれていくことになる。そのためラマダーン月は、年によって春夏秋冬いずれの時期にも当たりうる。

筆者が欧州で過ごした西暦2012年は、ラマダーン月は7月下旬に始まった。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。