【言語技術】なぜ日本人は論理的に話せないのか?

今回の新型コロナウイルスへの対応で、ドイツのメルケル首相のスピーチが称賛されている。なぜ、メルケル首相のスピーチは国民の心に響いたのか。その理由を「今回の事態を論理的に分かりやすく、自分の言葉で感情を込めてメッセージを発したから」と分析するのは、つくば言語技術教育研究所所長の三森ゆりか氏だ。論理的思考やクリティカルシンキング、読解力などの「言語技術」を日本の教育にも取り入れるべきだと指摘し、40年近く活動を続ける三森氏に、言語教育における学校の課題を聞いた。(全3回)
この特集の一覧
「言語技術」が子供の考える頭をつくる

言語技術を学んでいないのは先進国で日本だけ
――そもそも言語技術とは、どのようなものなのでしょうか。
言語技術とは、一言で言うと「言葉を有効に使いこなすためのスキル」の総称です。子供の発達に合わせて、情報の取り込み(読むこと、観ること、聞くこと)、思考(批判的・論理的・分析的・多角的・創造的思考など)、表現(話すこと・書くこと)などのスキルを、体系的に積み上げながら学んでいきます。

言語技術を学ぶことで、情報を分析的・批判的に検討し、考えたことを相手が理解できるように伝えたり、表現したりできる能力が身に付きます。人前で話したり、議論したり、文章を書いたりする能力は、持って生まれた才能ではありません。トレーニングによって誰でも身に付けられるものです。

欧米諸国では、幼児期から言語技術のトレーニングを開始します。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。