【コロナ危機 6つの質問】丸山洋司・文部科学省初等中等教育局長



新型コロナウイルスの脅威に、学校はどう対処し、どう変わっていくべきか。教育新聞では教育界のキーパーソンやイノベーターらに6つの質問(▽学びの保障をどうするか▽新型コロナから児童生徒をどう守るか▽教員の安全はどう担保するか▽このコロナ危機の教訓、反省点▽学校はどう変わるべきか▽いま学校現場に伝えたいこと)を投げ掛けた。

第5回は、前例のない非常事態の渦中で、文部科学省初等中等教育局を率いる丸山洋司局長。4月21日には学校のICT活用について「自治体や学校の平時におけるルールにとらわれることはない」と思い切ったガイドラインを示し、5月1日には緊急事態宣言の対象区域であっても分散登校によって段階的な学校再開を目指すよう全国に通知するなど、若手中堅の局員とともに多忙を極める日々を送っている。

(聞き手・教育新聞編集委員 佐野領)



この特集の一覧
 ・コロナ危機 6つの質問
学校のICT環境整備 2年間で5000億円を計上

――緊急事態宣言が続く中、学校再開の見通しが立ちません。どうやって生徒の学びを保障しますか。

子供たちの学習に著しい遅れが出ることがないように、それぞれの自治体、学校設置者にしっかり取り組んでいただくことが、まず重要です。そのためのガイドラインとして、各教育委員会と学校設置者には、「休業期間中に学校が家庭学習を適切に課すこと」「電話や電子メールなどを通じた学習指導や学習の状況の把握に努めること」をお願いしています。

学校再開後には、補充のための授業や補習について、可能な限りの措置を講じていただかなければなりません。学習内容の定着が不十分であるという子供たちに対しては、個別に措置を講じていくことも依頼しています。

各自治体が検討しやすいように取り組み事例をホームページで提供しているほか、自宅で使えるような教材や動画を「子供の学び応援サイト」でまとめて提供し、内容を充実させてきています。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。