【言語技術】考える必要がなかった日本の受験勉強

日本人は、話す力や書く力、読む力などが諸外国に比べて劣っていると言われる。その理由を、つくば言語技術教育研究所所長の三森ゆりか氏は「技術の積み上げができていない」と指摘する。日本の国語教育は本来、どうあるべきなのか。インタビュー第2回では、欧米諸国と日本の母語教育の違いを踏まえ、日本が目指すべき方向性を聞いた。(全3回)
この特集の一覧
「言語技術」が子供の考える頭をつくる

国語ができるのは本を読んでいるから?
――言語技術を学んでいる欧米の母語教育と、日本の母語教育である国語はどのように違うのでしょうか。
欧米諸国の言語技術教育は、言葉を覚え始める幼児期から始まり、子供の発達に合わせて情報の読み取り、考察、表現の方法などを体系的に学んでいきます。

言葉を有効に使いこなすためには、トレーニングが必要です。でも、日本の場合、国語のトレーニングは漢字だけしか行われていません。感覚に頼っている部分が大きいので、できる子は放っておいてもできるし、できない子はできないままです。

日本では、国語ができる理由を「子供の頃から本を読んできたから」ということだけに落とし込んでしまっているように私は思います。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。