【コロナ危機 6つの質問】藤川大祐千葉大学教授

新型コロナウイルスの脅威に、学校はどう対処し、どう変わっていくべきか。教育新聞では教育界のキーパーソンやイノベーターらに6つの質問(▽学びの保障をどうするか▽新型コロナから児童生徒をどう守るか▽教員の安全はどう担保するか▽このコロナ危機の教訓、反省点▽学校はどう変わるべきか▽いま学校現場に伝えたいこと)を投げ掛けた。

第6回は、千葉大学教育学部の藤川大祐教授。いま教員がすべきことについて、藤川教授は「前例にとらわれず、子供たちにとって何が必要なのかを自分自身で考え、同僚の先生方と議論して、局面ごとに判断してほしい」と語った。
この特集の一覧
コロナ危機 6つの質問

子供たちが学校に所属意識を持てる工夫を
――休校が長期化しています。こうした中、どのように子供たちの学びを保障するべきでしょう。
本来であれば、新年度である4月は新しい学年や学級で、新たな担任や友達と過ごしていたはずで、子供たちは学校や学級に所属することで、家庭とは異なる居場所が作られていました。しかし、休校期間中は、子供たちの居場所が家庭の中だけになってしまいます。

学校が長期休校だからといって、子供たちを放置するようなことはあってはならず、たとえ仮想的であったとしても、子供たちに学級や学年に所属している意識を持ってもらう工夫を試行錯誤しなければなりません。

学級通信の紙面の上なのか、あるいはWEB上でのチャットやオンライン会議なのかはともかくとして、「学級」というコミュニティーを意識しながら、コミュニケーションをとることが大切です。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。