世界の教室から 米、独、デンマークのStay Home

世界規模で新型コロナウイルス感染症が拡大する中、各国の臨時休校中の子供たちはどう学んでいるのか。各国の保護者に、家庭学習の様子を聞いた。

【独】オンラインでつながる家庭と教室
ドイツのハンブルクで暮らす羽倉綾乃さんの家では、インターナショナルスクールに通う小4と幼稚園年中の2人の子供が、それぞれオンラインでホームスクーリングを受ける。

小学校も幼稚園も、通常時と同様に午前8時半までにタブレットやパソコンからログインし、夕方までオンラインにつないだ状態で授業を受けるなどして過ごしているという。タブレットがない家庭や、兄弟が多くてオンラインにつなげる端末が足りない家庭には、学校から無料でiPadが貸与される。

小学校では算数、独語、体育、音楽などの教科を1コマ30分から50分でこなし、午後4時までにその日の課題を仕上げて提出しなければならない。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。