【脳神経科学×教育】研修で教員はどう変わったのか?

脳神経科学の知見を生かしながら教員の在り方を見直す――。いまだかつてない校内研修が東京都千代田区立麹町中学校で行われ、大きな話題となった。この研究実践に当時の工藤勇一校長と共に取り組んだのが、DAncing Einstein代表で「脳神経科学×教育」分野の第一人者である青砥瑞人氏だ。脳を知ることで教員はどう変わったのか。インタビュー1回目は、麹町中での2年間にわたる取り組みに迫った。(全3回)
この特集の一覧
【脳神経科学×教育】

いまだかつてない校内研修
――昨年度まで2年間行われていた、麹町中での脳神経科学の知見を生かした校内研修について詳しく聞かせてください。最初はどのようなきっかけで始まったのでしょうか。
2014年にDAncing Einsteinを立ち上げ、脳神経科学と教育を掛け合わせて何かできないかと模索していました。日本ではまだ誰も取り組んでいない分野だったので、当時は興味を持ってくれた教員をサポートするなどしながら、実験的に進めていました。

会社を立ち上げて2期目ぐらいから、人材教育に脳神経科学の知見を取り入れてくれる企業が増えてきました。そうした活動の中で知り合った方が、「麹町中の工藤勇一校長なら君の話を聞いてくれるかもしれない」と、つないでくださったのです。

初めて工藤先生にお会いした時は、たくさんの自作資料を携え、脳神経科学が教育に対してどんなアプローチができるのか、その可能性を伝えました。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。