【北欧の教育最前線】障害のある人のための「食育」

スウェーデンにおける障害者への食育について取材した。今回は、成人の知的障害者への取り組みを紹介する。
自分の健康は自分で守る
ストックホルム県では、軽度~中程度の知的障害者が、健康的な食生活と運動習慣を獲得することを目的に食育を行っている。そこでは、「障害者自身が、自分の健康を自分で守ることを支援する」ことを大切にしている。

同県が発行するリーフレットの「献立を決めよう 」では、バランスのよい食事が一目で分かる「プレートモデル」(写真1)を紹介している。1枚のお皿の中に、主食、タンパク質、野菜がほぼ3分の1ずつ盛られており、スウェーデンの食糧庁が、バランスのよい食事として定めているモデルだ。

スウェーデンでは、1枚のお皿に好きなものをとるビュッフェ形式の食事も多いため(写真2)、その食文化が反映されており、誰もが、簡単に、分かりやすく、健康的な食事をとれるように工夫されている。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。