【脳神経科学×教育】人の成長と学びに貢献したい

脳神経科学の知見を人の成長や教育分野に応用する「脳神経科学×教育」。この新しい分野の第一人者であり、教員研修などを手掛けるのがDAncing Einstein代表の青砥瑞人氏だ。米国のUCLAで神経科学を学んだ青砥氏が、その超ミクロの世界と、人間の成長や学びを組み合わせようと考えたきっかけは何だったのか。インタビューの2回目は、多岐にわたる活動の原点と5月から始める新たな教員研修について聞いた。(全3回)
この特集の一覧

【脳神経科学×教育】

レールを外れて違う道を選んでもいい
――そもそも、青砥さんが脳神経科学の知見を教育に生かそうと思ったきっかけは、何だったのでしょうか。
米国のUCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)の神経科学学部に在籍していた当時、アルツハイマー病の研究をしていました。そうした研究活動の中で、神経科学は医学や薬学だけでなく、人の学びや成長にも寄与できるのではないかと考えるようになっていきました。

UCLAを卒業後は医者になろうと思っていたので、学費をためるために日本に帰国し、コンサルティング会社で働いていました。当時、「高校を中退し、UCLAに入った」という僕のキャリアが珍しいこともあって、留学フェアなどで話す機会があり、そうした活動の中で大学生と出会うことが増え、相談を受けるようになったんです。

僕には、彼らがとても焦っていて、人生を楽しんでいるようには見えませんでした。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。