賛否分かれる「9月入学」 特効薬か副作用の強い劇薬か

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う学校の休校は約3カ月の長期に及んだ。休校長期化による学力格差拡大の解決策として、政府内で急浮上したのが初等中等教育も含めた学校教育の「9月入学」への移行案。4月30日に教育新聞が実施した読者投票でも、5月18日午後3時現在で賛成53%(2874票)、反対44%(2383票)と賛否が割れている。9月入学は新型コロナウイルスのダメージを減らす特効薬となるのか、それとも副作用の強い劇薬か。9月入学に切り替えることによるメリットとデメリットを整理する。


かけがえのない青春を取り返す
日本では、4月2日生まれから翌年の4月1日生まれの子供を同じ学年とし、4月に学校の入学・始業をする「4月入学」が明治時代の1886年以来続いている。世界的にみると珍しい制度で、多くの国では9月入学を採用しているため、これまでも臨時教育審議会などで国際化を狙いに9月入学に改革することが議論されてきた。

しかし、膨大なコストがかかり、社会に与える影響も大きすぎることから、実現には至らなかった。現在では、一部の大学で留学生らを対象に9月入学を実施している程度。「桜の花びらが舞う中での入学式」という風物詩が定着している日本で9月入学に切り替えることは容易ではない。

新型コロナウイルスによって休校が次第に長期化する中で、9月入学の議論のきっかけをつくったのは、大阪府の高校3年生が始めたインターネット上の署名活動だった。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。