【脳神経科学×教育】コロナ危機は成長のチャンス

新型コロナウイルスの感染拡大により長期間の休校を余儀なくされ、学校教育の在り方が大きく問い直された。そんな中、「脳神経科学×教育」という新しい分野に取り組んでいるDAncing Einstein代表の青砥瑞人氏は「休校になって通常の学びができない分の埋め合わせをする発想ではなく、生きた学びを身に付けられる最高の機会として捉えるべきだ」と提言する。インタビューの最終回は、脳神経科学の観点から、休校中に子供たちがどう過ごすべきかを聞いた。
この特集の一覧
【脳神経科学×教育】

新型コロナ時代をどう生きるか
――今、新型コロナウイルスの感染拡大によって、学校教育の在り方が大きく問い直されようとしています。脳神経科学の観点から何か提言はありますか。
大きな環境の変化に対して人間の脳は否定的になり、ストレス反応を示します。そのストレスによって私たちは疲弊したり、他者に対して攻撃的になったり、あるいは自分に対して保守的になったりしやすい。

ただ、一人一人が危機管理の知識を正しく持った上で、この環境からいかに学ぶのか、どうやって成長につなげるのかを、自分の頭で考えてアクションに移すことで、大きな成長の機会になっていくはずだと、僕は思っています。

人類の歴史を振り返っても、こうした状況は人類を大きく進化させるきっかけになっています。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。