【ブレイディみかこ氏に聞く】日本の教育、英国の教育

いじめもレイシズムもけんかもある、分断された英国社会の縮図のような「元底辺中学校」に通う息子との1年半をつづったブレイディみかこ氏のノンフィクション『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』。数々の賞を受けた同作は、多様で複雑で困難な時代に生きる「ぼく」が、迷ったり、悩んだりしながらも問題を乗り越えていく姿に感動し、心を揺さぶられる。このブレイディみかこ氏へのインタビューは、新型コロナウイルスが日英で猛威を振るい、政府の休校要請が出される前の2月9日に都内で行った。第1回は、日英の教育の違いから、日本の教育に欠けているものは何かを聞いた。(全3回)

(聞き手・教育新聞編集部長 小木曽浩介、松井聡美)

この特集の一覧

『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』著者 ブレイディみかこ氏に聞く


いま本当に必要な社会問題を教える教育
――『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』では、息子さんが「元底辺中学校」でぶつかるさまざまな壁に対して、親子でどう向き合ってきたかがつづられていました。英国と日本の教育や学校の違いについて教えてください。
英国の中学校は11歳から16歳までの6年間通います。また、公立の小中学校も選択制です。全国一斉学力テストの結果や、生徒1人当たりの予算などを基にして作成された学校ランキングが公開されているので、子供の就学年齢が近づくと、ランキング上位の学校近くに引っ越す家庭も多くあります。

日本の学校が今どうなっているのか、実際に見ていないのですが、それでも明らかに英国の教育と違うと思う点がいくつかあります。

1つは、英国のシティズンシップ教育のようなものが、日本にはほとんどないと聞いています。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。