【26歳の学校改革】「どうせ私なんか」を壊す授業

「教育を再定義する」という壮大なミッションを掲げ、学校を変えようと奔走する若者がいる。NPO法人青春基地の代表理事である石黒和己(わこ)氏だ。現在は東京と長野の公立高校で教職員と協働で授業づくりや組織変革に取り組み、学校改革を進めている。「生まれ育った環境をこえて、一人ひとりに想定外の未来をつくる」をビジョンに掲げて活動する石黒氏だが、現在の教育ではそれが難しいことも感じているという。26歳の彼女が学校現場に吹かせようとしている、新たな風とは――。(全3回)
この特集の一覧
26歳の学校改革

既存の教育を再定義する
――石黒さんが運営している「青春基地」について教えてください。
「生まれ育った環境をこえて、一人ひとりが想定外の未来をつくる」をビジョンに掲げ、全国の公立高校を対象に、PBL型の授業づくりをしたり、組織改革をしかけたりしています。生徒と教師、そして地域や社会など、さまざまなアプローチによって学校改革に取り組んでいます。

そもそも学びの本質的な価値とは、何でしょうか。生まれ育った環境、つまり地域や家庭環境などの文化資本や学力をこえて、新たな出会いや経験、そして自分自身と巡り合えることだと私は思います。ですから「想定外の未来」とは、子供自身の未来のことを意味しています。そんな子供たちがまだ出会っていない、想像すらしていない世界と出会う契機をつくっていきたいと考えています。

しかし現状では、教育が子供たちに「想定外の未来」をつくれているとは、まだまだ言い切れないと感じています。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。