【26歳の学校改革】空気を読む中高生と向き合う

全国の公立高校とタッグを組んで学校改革を進める、NPO法人青春基地の石黒和己(わこ)代表理事。既存の教育に疑問を持ったのは中高時代のシュタイナー学校での経験や、生きづらさが垣間見えた同世代たちとの出会いだったと語る。「当たり前は変えられる」と繰り返す石黒氏に、自身の経験を踏まえて描く理想の教育像や、高校生と向き合う中で得た気付きについて語ってもらった。(全3回)
この特集の一覧
26歳の学校改革


きっかけはオートチャージのPASMO
――石黒さんは、なぜ教育の道を志したのですか。
私は中学、高校とシュタイナー学校に通っていて、日本の教育課程とは少し違う環境に身を置いた経験があります。

例えば、既存の教科書はなく、先生の話を聞きながら自分で教科書を作っていました。一度も定期試験がなく、成績は数字ではなく文章のみの評価でした。そのため友人と学力を比較したり、評価を上げるために学んだりすることは一切ありませんでした。ただこの話をすると、多くの人から「そんな環境で、どうして学びに向かうのか」と疑問を持たれました。

こういった疑問を投げ掛けられるたびに、教科書や定期試験があり、一斉授業が主流という日本特有の学校の在り方が、多くの人にとって「当たり前」で、変えられないものとして捉えられていることを感じました。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。